リフォームギャラリー一覧

Case3 気品感じるアンティーク調の家
prev
next

気品感じるアンティーク調のリフォーム

手持ちの家具が溶け込むように、家具を置く場所をまず考え、家具と共に部屋の雰囲気をイメージしていきました。キッチンとの開口部分は、造作のカウンターを設置、モザイクタイル壁を採用しアンティークな雰囲気としています。上部は吊り戸を撤去し、アイアンの装飾を入れることにより開放的で家具と同調するLDKとなりました。

照明やカーテンレール等、各所にちりばめられた小物が統一感を持ちながら、雰囲気をかもし出しています。

ダイニングから続くリビングは、同一フロアで仕切り等も一切しないことによって、広々とした部屋となります。ダイニング同様、イメージを崩さないようにカーテンやサッシの色調を同系色とすることで、落ち着いた雰囲気をかもし出しています。フロアはオークの無垢フロアで幅も大きめのものを採用、木目が楽しめるだけでなく、気品とぬくもりも添えています。

また壁面には断熱材を補強し、壁面の一部を調湿作用のある塗り壁とすることで快適な住環境を確保しました。

使い勝手の良い壁面I型システムキッチンを設置し、扉は部屋のイメージに合うように木製の温かみのあるものを選びました。上吊り戸やキッチン下の収納は大容量なので、全て収納することが出来ます。キッチン部分の床はタイル張りとし、雰囲気を少し変えています。汚れた際にも掃除がしやすく水物がこぼれても安心です。

ダイニングとはカウンターを挟んで適度に仕切られており、手元は隠れるが目線はリビングまで見渡せるため開放感があります。

LDKへ繋がる廊下への扉は、既存のものをブルーに塗り替え爽やかな雰囲気に一新しています。ガラスが大きめの格子に入っているため、LDKの気配を感じながら、廊下へ明かりを運びます。

既存のものをうまく使用しながら、部屋のイメージに合わせていくこともコストダウンの方法となります。

造作建具をつくることによって、機能性とデザイン性を兼ね備えた扉が出来ます。風通しをよくしたい洗面や納戸の扉にルーバー付の扉を設置することにより、適度に空気を通すことが出来ます。

また、ポイントにステンドガラスを入れたりと、部屋のイメージに合わせたデザインと大きさが出来ます。また全ての建具を造作することにより、コストダウンにも繋がります。

広さのあまり取れない洗面スペースいっぱいに造作カウンターを入れ、収納できるように引き出しを付けました。カウンター上部いっぱいに大き目のボウルをひとつ。全面にモザイクタイルをあしらう。

2つ並んだ既存窓との調和を取りながらこだわりの洗面所が出来上がります。ボウルの大きさはインパクトがあり目を引きます。また置き型のためすっきりとした印象があり、上部壁面が白いため広がりがあり、狭さを感じず全体的にまとまっています。小さなところほどこだわれば楽しくなります。

大きな下駄箱が占領し全体が狭くなっていたため、下足箱を撤去し、新たに壁の内部に収納できるように設計しました。一件わからないように壁面となじんだ扉を開けると、下足収納となっています。

壁面板張りでシックな雰囲気を演出しながら、広い玄関を確保しました。イメージの統一感を崩さないように、アイアンを各所にあしらっています。木のぬくもりがアンティークな中に温かみを与えています。

内装のイメージは木質系を大切にしたシックな感じであったのに対し、外装は少しイメージを変え、アンティークな中にも爽やかな感じを基調としています。玄関扉は、外部側のみ水色に塗装し、壁面のタイルも、既存のタイルを白色に塗装する事によって、簡単にイメージを一新することが出来ました。

ガラス窓は防犯を兼ねてデザインを施したアイアンをはめて、個性的に仕上げています。外装と内装の程よいギャップは、毎日帰ってきたときの楽しみとなります。

デザインリフォーム ディライト有限会社 お問い合わせ

大阪府池田市 住宅リフォーム ディライト お問い合わせ

マンションや一戸建ての「内装」「外装」「屋根」「外観」「設備」「照明」「造作家具」
店舗の内装・外装など何でもご相談ください! 

住まいのリフォーム ディライト有限会社 ページTop