リフォームギャラリー一覧

Case5 造作家具を工夫した家
prev
next

開放的な玄関に

老朽化した柱等をすべて取替え、耐震補強を施し、家が新築同様に生まれ変わりました。

玄関スペースを広々と設け、開閉しやすい引き戸タイプの玄関扉を選択しました。スリッドガラスからも光が入り明るく開放的な玄関に。

大容量のシューズクロークは自然な温もりある木製の造作収納、足元にはフットライトを配置し柔らかな灯りを演出。

大きなペアガラスのサッシに取替え、広がりを持たせる様にウッドデッキを設け採光も十分な明るいリビングに。
道路面と隣接している為、意匠的にも考慮し格子フェンスを建てて少し目線を遮る様にしました。

フロアーは あたたか味のある無垢の栗フロアーを採用。
天井・壁共 断熱材の充填も十分にし 結露やベタベタ感の無い過ごし易い空間に。

キッチンは明るく落ち着きのあるオレンジ色を選択。
お手持ちの家具とも違和感無く、作業効率の良い壁付け I 型の配置に。
お手入れ簡単なレンジフードと電動昇降式の水切棚付収納など嬉しい機能付です。

栗フロアーは「物を腐らせにくくする」と言われてますのでキッチンには最適です。

洗面室には お手持ちの家具に合わせたサイズで作業カウンターを設け上部には棚を造作し、ちょっとしたユーティリティスペースに。

洗濯時など何かと重宝します。洗面化粧台の横はサニタリーパネルを貼り、水や汚れが飛んでもサッと拭けます。
一部 壁にエコカラットを採用。湿気を吸収してくれて快適な洗面室に。

今は、ワンフロアーにしたままで床材を貼り分け、将来的には間仕切って3枚引き戸を取付出来る様に設計。

ワークスペースには大きな造作カウンターデスクをL字型に配置しパソコン・コピー機・電話等を使用する為、コンセント位置や数にも考慮しました。

床は傷に強いモダンな柄のフロアタイル仕上げ。
一部の壁のみ自然素材の麻クロスを使用し、色や質感の変化がアクセントになり落ち着きのある雰囲気に。

1階正面及び東側全面を 茶系のジョリパットの横引き仕上げでその他の外壁はホワイトの吹き付けにし、落ち着いた色合いながらコントラストを付けました。
ポーチ部分も広めにゆったりと設けてます。

デザインリフォーム ディライト有限会社 お問い合わせ

大阪府池田市 住宅リフォーム ディライト お問い合わせ

マンションや一戸建ての「内装」「外装」「屋根」「外観」「設備」「照明」「造作家具」
店舗の内装・外装など何でもご相談ください! 

住まいのリフォーム ディライト有限会社 ページTop